ストーリー

レストラン・アル・ヴァレンティーノは、1976年、その少年時代にすでに レストラン業に大きな愛情をもち学び始めたアントニオ・シネージのキャリア の凝縮といえます。ミラノ生まれとはいえ、プーリア地方の家系を継ぐ彼は、同郷のハリウッドスターであるロドルフ・ヴァレンティーノ(本名ロドルフォ・グリエルミ)の名前を選んでこのレストランにつけました。シネージは、海外でも経験を積んだうえ、ミラノの老舗レストランであるサ ヴィーニ、ペック、リボーなどで修業を積みました。

エレガントで上品な空間です。

120席までご用意できます。すてきな照明に照らしだされ、やさしく温か な雰囲気 のレストランは、懐かしの高級ホテルを彷彿させてくれるようです。 テーブルもゆったりしており、美しいテーブルセッティングでお客様をお待ちし ます。

サービスモットー

レストラン・アル・ヴァレンティーノのクリエイター、アントニオ・シネージの プロとしての哲学は、五つの点から成り立っています。それは、温かいお出迎え、 心のこもったサービス、上質のお料理、快適な空間、リーズナブルなお値段です。 まさにわたくしたちのレストランが誇りとしていますことは、シンプルであっても 味わい深いお料理、ご満足頂ける量とそれに劣らぬ質の良さ、 そして、レストランに一歩足を踏み込まれたすべてのお客様が共通して感じて 頂けるような心地好さです。